2009年8月アーカイブ

『関西機械要素技術展 2009』 に出展いたします。(2009.10.7〜10.9)
 二次曲面反射鏡、マイケルソン干渉計,シュリーレン装置、を新しく開発したポータブル展示台の上に並べて皆様をお待ちしております。
 飯田市ハイテク協議会ブース(小間番号 C7-47)です。

マイケルソン干渉計〈当社の基本技術です。〉

概要

   様々に考案されている干渉計のなかで、最も基本的な製品です。そのため様々なところに応用可能です。この技術の応用が当社の基本技術となっています。非常に広い応用があり、微小測長・光波長及び波長比の測定・屈折率・分散率の測定・表面粗さ・薄膜の測定等、幅広く用いられています。

   製造装置・計測機器内部に組込む設計にも
使用目的にあわせて設計製作をうけたまわります。

 

<SN2-50>
主な用途
光学素子検査
ゲージブロック比較検査
微細構造の検知
屈折率計測
コヒーレンスに関する研究用

主な仕様
測定範囲        50*50
大きさ         300*300*400
重量          10kg
CCDカメラ       35万画素
レーザー波長      635nm
コリメート光直径    25mm
レーザー安全性     クラス 1

複雑曲面加工(回転楕円面・回転放物面)

カージオイドなど(代数幾何学的曲面)の切削,鏡面仕上げ

承ります。

有限会社信陽精機製作所 ホームページを公開いたしました。

概要

当社は積極的に全国各地の展示会に出展しております。この目的のため「ポータブル展示台」を開発しました。この製品を使用しトレードショーブースのデザインを様々に発展する事ができます。

特徴

・宅配便で送ることができる大きさに、小さく折り畳めます。
・展開すれば 900mm×600mm×980mm のテーブルとなります。
・使い方を応用してブースデザインの多様な発展が可能。
・搬入・展開・搬出がスピーディにできます。

・ご注文の大きさのポータブル展示台を設計製作いたします。


《オプション》
・コンセント付き、ガラステーブル、バックライト付きなど。

学会展示発表などにご利用ください。
展示会ブースのデザインにご利用ください。